マツダ、小型車「デミオ」など26万4276台をリコールへ・今の経済・社会・金融に関してお得な情報、最新の情報をお届け~(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ、小型車「デミオ」など26万4276台をリコールへ


マツダは31日、小型車「デミオ」と「ベリーサ」の2車種・26万4276台のリコールを国土交通省に届け出た。対象となるのは、2002年6月―06年3月製造の車両。対策費用は公表していない。

緩衝装置に関連した部品の組み合わせが不適切なため、スプリングが折れて走行不能になるおそれがある。また、動力伝達装置内に材質が不適切な部品があり、早期に磨耗することでクラッチが切れなくなり、走行不能になるおそれがある。事故の報告はないという。

クラッチが切れなくなるというのは怖いですね。事故の報告はないとのことですが、事故になる前に早く直しておくほうがいいですね。

引用:http://today.reuters.co.jp/news/articlenews.aspx?type=businessNews&storyID=2007-05-31T155438Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-262178-1.xml&rpc=112

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。