S&P、日本国債の評価格上げ・今の経済・社会・金融に関してお得な情報、最新の情報をお届け~(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S&P、日本国債の評価格上げ


日本が、格上げになりました(・∀・)

スタンダード・プアーズ(S&P)がは2007年4月23日、日本の国債の格付けを「ダブルAマイナス」から「ダブルA」に格上したと発表。

今の位置づけって、日本では初めてらしいですよ。

スタンダード・プアーズ(S&P)は2007年4月23日、日本の国債の格付けを「ダブルAマイナス」から「ダブルA」に格上げしたと発表した。S&Pは日本国債を1992年に「トリプルA」に格付して以降、「ダブルAマイナス」まで格下げしており、格上げは初めて。
S&Pは格上げの理由を、財政再建、金融政策の正常化、構造改革に進展が見られることとしている。財政再建では、国内総生産(GDP)に対する財政赤字の比率が2002年度末の8.2%から07年度末は5.0%に低下する見通しになったことを考慮した。半面、年金制度改革などの高齢化政策が進まない場合、格付けが再び下がる可能性があることを示唆した。

やっぱり、財政再建・金融政策の正常化など、力入れてましたからね。

格上げになったことはウレシ。+゚(*´∀`*)。+゚イィ

また来年も上がるといいなぁ。

でも・・・高齢化が進むと格下げになる可能性もあると?Σ(・ω・ノ)ノ!

(引用:J-CASTニュース

スポンサーサイト
Copyright © The☆News All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。