新聞社衰退 シナリオが見えてきた・今の経済・社会・金融に関してお得な情報、最新の情報をお届け~(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞社衰退 シナリオが見えてきた


(。-`ω´-)ンーこれってどういうことでしょうね?新聞って結構私読むんですけどね。

衰退していってるっていうのが信じられません。原因は折込ちらしとのことですが。

結構利用してるんですけどね。新聞もちらしも。

新聞販売店の売上の半分を占めるのも当り前となっている「折込チラシ」収入。ところが最近、新聞の読者ばなれが進み、チラシが届かない世帯が増えたため、チラシを全戸配布するポスティング業者が台頭しつつある。そんななか、なんとポスティング業者の大半がチラシの自動折込機を入手できないという事態になっている。これは新規参入を恐れる新聞社の嫌がらせと見られるが、虚構の新聞経営が崩壊に至る末期の悪あがきといってよい。

【Digest】
◇新聞折込では全戸配布できない
◇ポスティング業者に対する参入妨害も発生
◇購読者は26/200世帯だけ
◇販売店の資本系列化で本体にも甚大な影響
◇岡山市におけるチラシの水増しの実態
◇「押し紙」が新聞社に仕打ちをする
◇新聞社と販売店によるチラシ詐欺の構図
◇だれも販売店主になりたがらない
◇折込チラシ配布者の交代が壊滅的打撃に


 悪しき商慣行になっている折込チラシの水増し行為が、新聞社衰退の決定的な引き金になりそうだ。水増しされず確実に全戸に届くポスティング業者のほうに、折り込みチラシが流れ始めているからである。

◇新聞折込では全戸配布できない
 チラシ配布には、新聞に折り込む方法と、ポスティング業者が全戸配布する方法がある。全国的な傾向としては、これまで主流だった新聞折込によるチラシ配布から、ポスティング業者によるチラシの全戸配布への切り替えが、ゆるやかなスピードで進んでいる。新聞の無読者が急増したために、新聞折込ではチラシが届かない世帯が増えた結果である。

 たとえば東京都・北区では、広報誌の配布方法を、この4月を境に、新聞折込からポスティングに切り替えた。その理由を北区の広報係が説明する。

 「新聞折込では広報紙が自宅に届かないという苦情が相次いだからです」

 さらに、折込チラシの水増しが日常化して、それに広告主が気づきはじめていることも、新聞折込が不評になってきた要因である。かりに1000人しか読者がいないのに、1300人の読者がいると説明され、その枚数に応じたチラシ代金を請求されたら、広告主は穏やかではない。ましてコストの削減が口うるさく言われるこのごろの時勢である。

◇ポスティング業者に対する参入妨害も発生
 新聞社は、競合となるポスティング業者の台頭を、極端に恐れている。東京・清瀬市に拠点を置く地域広告社の井前隆志氏が言う。

 「わたしは、朝日新聞の販売店を経営していたのですが、強制廃業させられた後、ポスティングの仕事を立ち上げました。するとかつての担当員が様子をうかがいにやってきました。その直後、知り合いの販売店主から、抗議めいた電話がありました。警戒するあまり、わたしがポスティング業を始めたという情報が販売店へ流れたのでしょうね」

 井前氏はポスティング業を軌道に乗せるまでに、意外な壁に突き当たった。
 「チラシを束ねる機械を購入しようとしたところ、『もともと新聞社からの依頼で開発した機械なので、新聞販売店以外には販売出来ない規則になっている』と言われたのです」

 どのメーカーに問い合わせても同じ答えが返ってきたという。
 やむなく井前氏はインターネットのオークションを通じて、愛媛県の市民新聞の社主から機械を入手した。しかし、自分でメンテナンスはできない。そこでメーカーに依頼してみたが、やはり断られたという。

 ポスティング業者の台頭が今後、新聞社の運命を左右しかねないだけに、新聞業界と機械メーカー各社の間に、何か密約があるのかも知れない。

新聞は取っておけばいつでも読めますからね。それに織り込みチラシのおかげでバーゲン品が買えたりもしてるんですけどね?

引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © The☆News All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。