トヨタホーム 手抜き工事・今の経済・社会・金融に関してお得な情報、最新の情報をお届け~(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタホーム 手抜き工事


なんですと?トヨタホームさん。

手抜き工事してたとは。 

自社製品のリコール対応が不十分なトヨタの体質は、本業の車に限らず住宅部門でも同様のようだ。茨城県つくば市に住む長秋雄さんは、トヨタホーム東京と契約して新築した自宅に関して自力で次々に欠陥を発見し、4年前から現在までトヨタと交渉を続けている。耐震強度偽装事件は個々の建築士らを断罪し収束したが、長さんの話を聞けば、トヨタのような大企業グループによる潜在的な被害は、水面下でより大きく広がっている可能性が見えてくる。

【Digest】
◇床下に潜ってわかった欠陥
◇欠陥が次々明るみに出ても修理を拒否
◇行政の不可解な対応とトヨタの傲慢さ
◇「耐震等級3」を食い物にするトヨタホーム
◇トヨタホームで建てた人は床下に潜って点検しよう


 トヨタホームは、トヨタ自動車の100%子会社だ。長さんがトヨタホーム東京と工事請負契約を結んだのは2002年5月。数ある建設会社の中からトヨタグループを選んだのではなく、気に入った区画が建築条件付分譲だったからだという。
 
 「目の前に歩行者専用道路と緑地帯があり、公園や学校施設も近く、購入希望者8名の人気の区画でした。そこがたまたまトヨタの区画だったのです。幸いにも当選し、土地付きで約4500万円で、トヨタホーム東京が紹介してきたトヨタファイナンスとローンを組みました。

 トヨタホームの売りは『耐震等級3』という、地震に対して最高ランクの強度で、どんな地震が来てもつぶれない、というものでした。

 私は地震防災の研究者として30年間研究を続けてきたので、万が一地震が起きた時には私の家をご近所の方のためのシェルターにすることができると考えました。建築の間は、それなりのメーカーさんなので信頼していました」

◇床下に潜ってわかった欠陥
 家屋の受け渡しも予定通り10月に終えて家族とともに住み始めた長さんが、トヨタホーム東京に不審を抱いたのは、新居での初めての冬を迎えた2003年の2月頃だった。
 
 「妻が、ダイニングの床暖房の調子が悪い、冷たいところがある、というので、私が床下に潜って見てみると、床暖房の配管に保護管が巻かれていませんでした。2月15日に修理依頼をしたところ、3月初めに来た業者は、規定以上の温度差となる4度以上のむらがあることを確認した上で、『なんで温度が低いかわかりますよね、ここに配管がないんだから』と話してくれました。

 トヨタの場合は鉄骨構造をユニットとして組んでいくので、ユニットとユニットの間に10センチほどの鉄骨が入ることになります。そのため、床暖房エリアの真ん中に、10センチから20センチの間隔で床暖房のパイプが配管できない。これは構造上の欠陥商品です。

 それ以上にひどいのは、後から入手したトヨタの設計マニュアルによれば、暖房配管は保護管で巻くこと、とあるのに、実際には巻かれていなかったことです。配管を裸で出していれば傷もつくし、そこからどんどん熱が逃げてしまう。これはミスではなくて、明らかに施工放棄です。通常は床下なんてめったに潜ることはないし、チェックすることもありません。

 トヨタは見えないところで手抜き工事をやっていたんです」
 その後も長さんが床下を自力で調べてみると、盛土がされていない、防湿シートの破損、電気配線の不備などの欠陥が次々と見つかった。

引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © The☆News All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。