新興3市場は「年内は絶望的」か・今の経済・社会・金融に関してお得な情報、最新の情報をお届け~(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新興3市場は「年内は絶望的」か


ちょっと落ち気味ですね。

「新興3市場」は素人は手を出さないほうがいいですね。

コレはしばらく様子を見ていたほうがいいみたいです。やっぱり動きを見るのも大切ですからね^^;

連日、史上最安値、年初来安値を更新している「新興3市場」。東証株価も1万7400円と冴えないが、新興市場の低迷ぶりは異常だ。「年内は絶望的」という声まで出始めた。

 新興3市場は今週、「東証マザーズ」と「ジャスダック」が史上最安値を記録、「大証ヘラクレス」も年初来安値を更新した。直接の原因は会計監査の厳格化だ。

「新興市場には1300社が上場しているが、いい加減な会社が少なくない。厳しく会計検査されたら、債務超過に陥る会社が続出しても不思議じゃありません。5月の決算発表が終わるまで怖くて手が出せない状況です」(兜町関係者)

 実際、新興市場には、業績予想を毎回毎回、下方修正する企業が続出している。なかには高値で株式公開しながら、その直後、投資家をだまし討ちするかのように下方修正する企業まである。

「企業が上場する時は、大株主に6カ月間、売却を禁じる『ロックアップ条項』を設定するのが普通です。上場後、大株主が大量売却すると暴落してしまうからです。ところが、新興市場には条項を設定しない企業が多い。あのミクシィもそうです」(アナリスト)

 これでは、投資家がソッポを向くのも当然。問題は、いつ新興市場は上向くのかだ。

「新興市場の売買は、個人投資家が7~8割を占めます。外国人や機関投資家が主流の東証とは決定的に違う。それだけに、カギを握るのは個人投資家の動向。しかし、ライブドアショックで大損をし、さらに昨年末に『ここが底値だ』と新興市場株の買いに入ったがまた今回の最安値で損失と、短期間に2度もヤケドしている。もう買い余力は残っていない。もし、上がるとしたら、5月の決算発表で不良企業が一掃され、さらに夏のボーナスでサラリーマンの懐が温かくなる7月。ここで上昇しないと、しばらく低迷したままでしょう」(大手証券マン)

 素人はうかつに手を出さないほうが無難そうだ。

うかつに手を出したら・・・((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

様子をココはひとつみておきましょう。

動きをみてないと・・・ねぇ。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © The☆News All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。