日興コーディアル TOB成立・今の経済・社会・金融に関してお得な情報、最新の情報をお届け~(・∀・)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日興コーディアル TOB成立


とうとう成立しましたね。日興コーディアルのTOB。

なんとシティグループは所有株が61%強ですよ。すごいですね。ホントに。

米金融大手のシティグループは27日、日興コーディアルグループへの株式の公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。約5億4119万株(議決権ベースで発行済み株式の56.15%)がTOBに応募し、シティが目標としていた過半数を上回った。応募株をすべて買い付け、買収額は約9200億円と、外国企業による日本企業のTOBとしては過去最大規模となる。シティはこれまでの取得分(4.93%)と合わせると、日興株の61.08%を所有する筆頭株主になる。TOB成立で、日本の3大証券の一角が外資の傘下に入ることになった。

 

 シティは27日、日興を100%保有の完全子会社とすることも視野に日興株の追加取得を検討していると明らかにした。シティは、日興の全国の支店網などを活用し、日本国内での業務拡大を図る。一方、日興はシティの信用力を生かし、有価証券報告書の虚偽記載(利益水増し)で失った信頼を回復させる考えだ。シティは日興に取締役を派遣し、今後の営業戦略を練るが、今回のTOBは日興救済を優先したとも言え、有効な提携戦略を打ち出せるかが問われそうだ。

 

 今回のTOBは、日興の発行済み株式の5.46%を保有するみずほフィナンシャルグループをはじめ、第一生命保険、トヨタ自動車などが賛同し、TOBに応じたと見られる。日興株を約24%保有し、TOB価格に不満を表明していた外資ファンドは応じなかったとみられる。

 

 一方、東京証券取引所の上場廃止基準では、大株主の上位10人(社)の持ち株比率が上場株式数の75%を超えた企業の株式は、1年後に上場廃止となる。日興株の場合は、来春発表の08年3月期の有価証券報告書で確認されることになるが、シティが61.08%を所有することで上場廃止となる可能性が高い。【瀬尾忠義】

 

 【ことば】日興コーディアルグループ 野村ホールディングス、大和証券グループに次ぐ国内3位の証券会社。個人向け業務を行う日興コーディアル証券と、法人専門の日興シティグループ証券を持つ。2証券合計の預かり資産は43兆5000億円。

 

 【ことば】シティグループ 世界最大の金融グループ。100カ国以上に拠点があり、顧客口座は約2億に上る。中核銀行のシティバンクをはじめ、カードや消費者金融、証券などを各国で展開。日本には1902年に進出し、現在は支店など25拠点を持ち、銀行やカード業務を行っている。

さてさて・・・

これからの動向が気になりますね。

注目していかなくては。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © The☆News All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。